2021年に読みたい なぜライトノベル多様性乏く萌え偏っ

Posted by lkjydkg on 2021年3月18日 in DVD

2021年に読みたい なぜライトノベル多様性乏く萌え偏っ。売れるのがそういうモノってだけで、視野を広げればほかにもいろいろあるよ。なぜライトノベル多様性乏く萌え偏っているような作品や異世界系、無双系ほんど占めるのか 2021年に読みたい。話題の異世界転生モノや。コミカライズも人気の発ラノベ。ヒロインキャラ
が可愛すぎるラブコメ作品まで。新作?名作からスライムに転生した主人公が
無双状態になっていく展開が面白い。主人公が最強キャラと君臨しているが。
有能過ぎる部下たちとの駆け引きが主人公視点ではコメディとも感じられる。
とにかくバカバカしいのに。なぜか目が離せない異世界転生物語。一つ一つの
話が短編小説のような感じだが。ちゃんと繋がっていたり。心温まる話が多い。なぜ「異世界転生」は若者にウケ続けるのか。同サイトからデビューした作家の津田彷徨氏は。数字を武器にこのサイトの特徴
を徹底的に分析してきた。津田氏によれば。このサイトから登場した「なろう系
」と呼ばれる作品は。「読者に徹底的にストレスをかけ

異世界に飛ばされて???転生系アニメ23選。エルフが飛び魔法が使える???そんな異人種が住む世界に転生した主人公が大活躍
するアニメをご紹介。現実では味わえないスリリングな異世界ファンタジー作品
をチェックしてみよう!「厳選2021異世界マンガおすすめ35選。異世界マンガの中でも。死んだ人間が別のものに生まれ変わる「転生系」。最強
すぎる能力を持った主人公が登場声の指示に従ってスキルを使うと。目が
見えるようになり。目の前に巨大な竜がいるとわかりました。おそらく。最弱
だったヤムチャが番輝いている作品であり。原作のヤムチャとは別格の強さを
誇ります。シンが魔法に夢中になるあまり。偏った知識を持っているという
設定のおかげで。波乱万丈な話になっています。果たして元の世界に戻れる
のか――!?

人気投票。チート技連発のハードなバトルものから。異世界でのゆるい日常を描いたもの
まで……作品の種類は多種多様。小説投稿サイト「小説家になろうなろう系
」や。ライトノベルラノベの作品ではお馴染みとなっています

売れるのがそういうモノってだけで、視野を広げればほかにもいろいろあるよ。昔ならダブルブリッドとか良かったなw小説投稿サイトが、ランキング制だからです。ランキングで上位に入るには、「10人中9人に好まれないが 1人は圧倒的に支持する」作品はダメなんです。まるで逆の「10人全員を狙い、極力取りこぼさない」作品でないと上位には入れません。ランキングで上位に入らないと、小説を読んですら貰えません。ネット小説で、どうすれば多数の読者の評価を得られるか、競争し合った結果、そういうことになっています。例えば、主人公が挫折から這い上がって成功する物語は、一部の読者から高い評価を得たとしても、読むのを止める読者がかなり出ることがデータとして出ます。物語に起伏を作ると、谷の部分で読者が大量離脱してしまう.1話1話投稿されるため、読者が鬱展開で感じる時間日数が長い.主人公の無双化はそれが原因です。小説投稿サイトを見ている層は、往来の読書好きとは違い、普段本を読まないような層がかなりいます。複雑な設定や日本語の表現を理解できないような層すら取り込まないといけません。つまり、作者は自分の好きなように書いているわけではなく、大多数の読者の好みに合わすように書いています。それが萌えだの、無双だの。同じような設定と内容の作品が並ぶなかで目立つのは、それはそれで高度な技術です。 洋画とか見て勉強して欲しいそういうのは既に試されて、萌えや無双の前に敗れ去りました。昔のエロゲがそうだったんですよ?他でやらないような社会の闇や難解な表現を扱うのがエロゲ。エロなんてどうでも良い人までを取り込んで、日本のサブカルチャーを作り上げていきました。ところが、シナリオ重視のエロゲが、萌えに売り上げで完敗するようになり衰退。元々、ラノベ自体は色々な話があったと思います。ただ、なろう系の作品の方が売れるので、なろう系の作品が大量に出版され、隠れてしまっていますね。全体の流れを見ていて思ったのですが……質問者さんの仰る「ライトノベル」って、それ即ち「なろう系」ですよね?なら「多様性に乏し」いように見えてしまうのも当然かと。「なろう系」というジャンルがそういうものなので。そういうものを一括りにして「なろう系」と呼んでいるので。ただそれだけの話ですね。――以下、余談につき。個人的な印象ですが、「なろう系」がラノベ界にもたらした最大の流行は「一人称形式」ではないかと思います。いや、これこそ回答者個人の偏見かもしれませんが笑ただ、もしやと思ってこの前アニメイトに行った際に試し読みできる本を片っ端から開いてみたら……10冊中8~9冊が一人称小説になっておりまして! で、たま~にぽつっと三人称小説も紛れているという感じ。確かにライトノベル界隈では、以前から「三人称一元視点」という形式が大きな派閥を形成していましたし、これは身も蓋もない言い方をすれば「『三人称』の皮を被った実質的に一人称小説」というものであることも否定できません完全にそうだとも断言はできませんが。しかし小説投稿サイト「なろう」だったり「カクヨム」だったりに的を絞ってみると、どうしたことか、今度は一人称小説が圧倒的シェアを占めている。もはや「三人称」という体裁さえ保てなくなってきてしまっている……。いや、誤解しないで頂きたいのですが、「一人称小説」が悪いとは言っておりませんよ。むしろ一人称形式で書かれているからこそ面白いという作品は山のようにあります。ただ、回答者個人としては「それしか書けない」ような方々が増えてしまうのではないかと懸念しているわけでして。両方とも書ける売れっ子作家さまたちがその時々の流行に合わせて文体を変えることには敬服致しますが、そうでない一発屋さまたちが雨後の筍のように乱立されては次代の流行に付いていけず人知れず消えていくというのは誰も得しない悲劇だろうと思うわけでありまして。とゆーわけで、真に警鐘を鳴らすべき問題があるとすれば、こうした「アウトプット能力」としての視野狭窄ではないかと。実際、真剣にその手の道でプロを目指している方々は結構勉強熱心なんですよ。なのでその点については質問者の懸念は杞憂でしょうからご安心下さい。……ですが、アウトプット能力に関しては不安が拭い去れません。「三人称で書くのは苦手」という生の声をも聞いたことが何度かあるだけに。見るべきはアニメでも洋画でもなく、「周り」なのではないですかね。手っ取り早く上達するのはマネるのが一番であり、見取り稽古とか言われる練習法もあるぐらいですからね……独自の手法を組み上げるのはとても難しい。ってのが建前です。教科書教育の弊害で、資格勉強とか独学や策を練って挑む事が出来ない人が増えて来てると聞きます。ラノベを読んでラノベを書くこれしか出来ない人が増えたのなら、当然に多様性は失われますねライトノベルは漫画のようにストーリーを楽しむ為の物ではなく性欲や支配欲を満たすための物だからだから同じようにようなタイトルや内容や展開になりがち話が苦手って人が多いのもそういうのが原因最初ラノベが流行し始めた頃の流行は、アニメやゲームでもファンタジーであり、その流行がまだ健在なのだと思います。また、ギャルゲームや、ギャルアニメが流行した頃からは、美少女が登場するとか、ハーレム展開も流行しだしましたね。さらに、今は異世界転生ってのが流行に加わってこの流れなのかと。あと、主人公が最強なのはソードアートオンラインや、魔法科高校の劣等性が流行ったのが影響していると思います。ライトノベルの世界って、中世ヨーロッパ風の街並み、ギルド、スキル、モンスターなど、有名ファンタジー映画やゲームから引っ張ってきた様な物が多いので、書きやすいし、読み手は想像しやすいから流行ったんじゃ無いかなと思います。色々と読んできましたが、独特の世界観の作品ってラノベ業界ではヒットしづらいみたいですね。その時々で流行りの物を取り入れるからです。特に今は小説家になろうなどの素人やセミプロが自由に投稿できるサイトがあり、そこから書籍化という流れが一般化されて流行りものを書く人数が爆発的に増えました。いやいや、多様性あるよ。偏っているように感じるのは特定のレーベル、サイトしか見ないからです。女性向けレーベルなんかは恋愛系とBLに偏ってるぞ。メディアワークス文庫あたりの作品は現代舞台の作品が多いしこれはラノベに含まない人も要るけど流行としか言い様がないですねある程度の収入が見込めるうえで大外れになるリスクが低いのでそれはライトノベル全体で1つの作家扱いだからです。皆、ファンになった作り手が生む作品にはずっと同じものを求め続けるんですよ。「鳥山明に女性が二人の男の子のあいだで揺れ動く学園物を描いて欲しい」とか「椎名林檎にプリキュアのオープニングを可愛く歌って欲しい」などと思う人などいないのと同じです。といっても、ご質問の時点で「萌えに偏っているもの」「異世界もの」「無双もの」…とすでに3分野ありますよね。現在の週刊少年ジャンプの掲載作品を分類してみても、「トーナメントバトルもの」「ラブコメもの」「ファンタジー冒険もの」…とやっぱり3分野くらいしかありません。せいぜい「トーナメントバトル」から「スポーツもの」を分離して増やす程度です。本当に多種多様な分野が集まる雑誌や媒体って、案外ないものですよ。出版業界不況で冒険しません。システム的にも、売れないと返品されてくるので、リスクが取れません。なので、最近は大抵「小説家になろう」などのネットサイトで人気になったものから出版されます。つまりは、「小説家になろう」サイトの流行やタグ付けのせいですね。

  • バイデン氏 東京で期待されている感染爆発と医療崩壊が起き
  • 不妊について そろそろ2人目が欲しいなあ…と思っているの
  • よくあるご質問 第三者を入れて話をした方がいいのかどうし
  • 脳疲労とは お菓子やアイスをよく食べるようになって頭がぼ
  • Nakamori, 中森明菜さんはうる星やつらとコラボし
  • Tags:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です