猫の下痢症 ②粘膜放っておく菌の温床なる情報見たので毎日

Posted by lkjydkg on 2021年3月17日 in タレント

猫の下痢症 ②粘膜放っておく菌の温床なる情報見たので毎日。◎①かなりキャリコさんは重度の尾腐れ病に罹患してます。金魚の病気ついて
体調5cm程の琉金お迎え 初めての金魚

現在、口元白い粒のようなの付いており、背中尾かけて白い粘膜のようなのくっつけて泳い でいる状態
金魚本人て元気で優雅泳ぎまわり、食欲

金魚の病気調べて回ったの、口腐れ病なのか、尾の部分ただの粘膜くっついているのか判断できません
白雲病か思い、検索た際の写真症状違い

水6リットル水温27度固定で塩浴0 5%+メチレンブルー +グリーンFゴールド顆粒で治療て
週一で3?5粒程度の餌与え、フン毎日取り除き、様子見て2日?4日半分全水換え行なって

順追って説明致ます、
3週間ほど前金魚迎え 水槽移す前思い、3日程度塩浴でトリートメント行なってい

3日目白点病思われる白い点発見 塩浴+メチレンブルー の薬浴始め
翌日白い点消え、狂ったよう壁沿い上下泳いだり、時々口すごい勢いでパクパク動かすな行動数日続き

数日後、異常な泳ぎ方落ち着いてき、次口白い粒のようなの付いているの発見てまい
口腐れ病思いグリーンFゴールド顆粒追加

さら数日後、次背中尾ヒレかけて白い粘膜状ののくっつけて泳いでいる姿 フン絡まっているの確認 スポイトや指で引っ張る取れる程度のの 尾自体ちぎれたりな損傷見当たりません

①子口腐れ病なのでょうか 尾ついている白い物粘膜剥れて新くなっているための症状てょうか

②粘膜放っておく菌の温床なる情報見たので、毎日確認できる白い粘膜状のの取るようて、やりストレスなるでょうか

③グリーンFゴールド顆粒追加て1週間ほどなります、まま治療法進めてよいのでょうか

初心者で分ない事だらけでて不安 完治て大きな水槽で泳せてあげたい
どうか皆様の知恵お貸いただけませんでょうか よろくお願います 粘液便はなぜ起きるのか。皆さんは粘液便が出た経験はありますか?粘液の量や色によっては注意が必要
です。この記事では。粘液便?粘血便が出たときに考えられる原因や病気
について解説します。

サーモキャスケット。アレルギーは漢方的には“粘膜病”であり。皮膚や粘膜が過敏に反応するために
起こると考える。近年の天災を見ていると。こちらの方が当たっているのでは
ないかと思うこと。しばしばである耳あかに限らず。一般に年をとると耳が
聞こえにくくなる。摂りすぎるという人は。こうした対策を考えておく必要も
ある。軟便?下痢の症状。下痢の時は腸の粘膜が傷んでいるので。粘液が混じってくることがよくあります
ので。食あたり。水あたり。消化不良?冷え?ストレスによる下痢と考えられ
ます。 しかし。粘液の量が多い。粘液便が続く。血液が混じっている場合には
医療猫の下痢症。下痢は単なる消化不良で起こることもあれば。細菌やウイルス。寄生虫が原因の
場 合もあります。又。腫瘍やホルモンの異常など重大な疾患と併発して起こる
こともあります。

◎①かなりキャリコさんは重度の尾腐れ病に罹患してます。尾の先の白いのは鰭の粘膜とカラムナリス菌だと思います。この写真では黒い鰭の一部が溶けて剥がれています。新しい組織ではなく、腐り溶けて剥がれている状態です。水カビ病も併発している可能性か高いです。ですが、水カビ病は25℃以上あれば繁殖は止まります。28℃以上あれば繁殖は殆ど止まります。カラムナリス菌は高温→27℃あれば活性化されます。この事から、水量が少ない環境下で、薬浴していれば水質は悪化します。そして換水量も足りません。餌を与えていると糞をします。あらゆる有機物に鰭組織が溶けて、更なる水質の悪化が引き金になり回復出来ない状態に陥っている状況です。そして口に付いている水泡?の様な物は粘膜組織だと思います。これは修復段階の様な気もします。歪になり溶ければ口腐れ病です。血が滲んだりします。◎治療方針を立て直す必要があります。②③グリーンFゴールド顆粒とメチレンブルーを素人判断で調節しても効果がないのは、薬剤量がきちんと配合出来てないのではないのでしょうか?この場合、元々配合されているフレッシュリーフを使用されて治療された方が確実だと思います。メチレンブルーを使用されている場合、完全遮光が必要です。送料無料 レターパック発送 病魚薬 魚病薬 フレッシュリーフ 35g 白点病?…[楽天]#RakutenichibaグリーンFゴールド顆粒はフラン剤とサルファ剤が入ってます。フラン剤は薬剤のスピードが早く効果が早い事が利点です。ですが使用期間は1週間とされています。これは魚害が出やすくなるからです。そして菌に対する耐性が出て、薬剤の効果がなくなる事も挙げられます。耐性が付きにくいのはフラン剤やサルファ剤よりオキソリン酸です。治療方針の提案です。1?水量を確保しましょう。10L以上です。そして毎日温度合わせをして、全換水を3日間してあげて下さい。※換水は必ず毎日最低でも半量して、あげて下さい。そして減った分の薬剤と塩を足します。餌は完全に切って下さい。餌は薬浴が7日間終了してから、与えます。与えるのは換水を2時間以上前に少しです。そして全換水して下さい。※水温は23℃~25℃迄にして下さい。高温にしない方がいいです。2?鰭に処置が必要です。直接魚に触らない様に、水カビや粘膜を除去します。そしてメチレンブルーを患部に直接塗布します。3?グリーンFゴールド顆粒は7日間以上使用出来ないので、進行がある状況では種類の違う、オキソリン酸の観パラDを使用して7日間治療してあげて下さい。塩水浴は水カビ病の予防の為にも、0.5%で粗塩を使用して続けてあげて下さい。治療方針を立て直して、再投薬治療をしてあげて下さい。処置をして、薬浴中の水質を管理してあげて病原菌を減らしてあげて下さい。今の水量と換水ペースでは、治療に足りないのだと思います。少し治療が長くなりますが、進行が止まれば薬効ありです。回復すれば、塩の濃度を落としながら徐々に淡水へ戻してあげて下さい。参考になれば幸いです。三日目に、異常な動きをしたのは、身体を痒がって、擦りつけようとしていたのだと思います。つまり、白点病が根絶できていなかった。①白点病の治療経過中に、口に白い点が出来ていたのでしたら、白点病の疑いが高いと思いますが、ニキビの可能性もあります。②毎日白い粘膜状のものが、取り除かないといけないくらい出来ているということは、水カビ病では?この場合、グリーンFゴールドでは効果がありません。メチレンブルーと、抗生剤を含む薬グリーンFリキッド、観パラ等に切り替えてみてください。様子を見て、粘膜保護剤も使ってみてください。金魚の全体の姿を見られると良いのですが。どの様な方法を取られているか分からないですが、流石に毎日やると金魚の負担になります。もし水カビ病なら、カルキ抜きをした水を染み込ませたキッチンペーパーに、金魚を保定して、白いもやもやをピンセットで取り除き、綿棒で患部に直接薬を塗って様子を見てください。そして、毎日全換水してください。水合わせをキチンとすれば、それで金魚が弱ることはありません。菌が繁殖するのを防ぐのと、薬の濃度を一定に保つためです。お金は余分に掛かりますので、判断は飼い主様に任せます。③グリーンFゴールドは、強い薬ですし、それで一週間薬浴をして、効果が得られない様でしたら、薬を切り替えてみてください。因みに、グリーンFゴールドと、メチレンブルーの併用はあまりお勧めできません。魚に負担が掛かりすぎます。私の予想ですが、白点病発症→完治できずに暴れて細かな擦り傷が出来る→そこから水カビ病や粘膜剥離を発症ということでしたら、グリーンFリキッドをお勧めします。薬浴用の水槽ですが、大きさはどのくらいでしょうか?メイン水槽とまでは行かなくても、出来るだけ大きい方が、金魚的にはストレスなく過ごせます。もう一匹お仲間の金魚が写っていますが、そちらの子はどんな容体でしょうか?二匹の病状がかけ離れている様でしたら、隔離して、元気な方にはエサを与え始めても良いと思います。

  • 先天性疾患 ネットで調べると1歳程度のうちはまだ遺伝病を
  • 機能不全家族とは 様々な理由とトラウマがあり親とは思えな
  • 太鼓の達人 太鼓の達人に関することなのですがバナパスがあ
  • ブラインド ○○してもらってるし△△はやろうとか○○して
  • SixTONES SixTONESセカンドシングル今予約
  • Tags:

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です