個人情報の公開の危険性 ネットで中傷されたこ原因でストレ

Posted by lkjydkg on 2021年3月18日 in ボランティア

個人情報の公開の危険性 ネットで中傷されたこ原因でストレ。人と人との関わり方を学ぶのもこの世ですべき課題だと思ってる。ネットで中傷されたこ原因でストレス抱え込み、現実社会で犯罪起こすような人間、ネットなくて同じ事する思 安易人傷つけてよいいう意味でなく、ネットの使い方知らない人間多過ぎるいう問題だ思、どうでょう 誹謗?中傷?個人情報の流布。インターネットの普及により。容易に世界中の人とコミュニケーションを
取り合い。情報交換できるようになりました。出会い系サイトに勝手に名前と
電話番号。メールアドレスが載せられたようです。誹謗中傷や個人情報等が
掲示板に記載されてしまった場合は。自分で掲載内容を保存しておくほか。当該
サイトの管理者に対してログの保存を忘れず名誉毀損や業務妨害等の犯罪に
該当するような場合は。お住まいの地域を管轄している警察署で相談する。

「子供を殺してください」という親たち。少しは良い結末になるといいのですが。そういう「物語」じゃなく「現実」です
しね… // 精神疾患になるような人間に対して治療する予算も福祉も
なければ。// はいはい家族が全部悪い悪い本人の器質的。先天的な
原因はなかったことにされてる統失患者の全てが妄想や暴言ばかりだとでも?
みて。ステージ軽いがん患者と家族が不安を与えられてストレスになると言って
いるのと同じで。言いがかり過ぎ。だから家族も黙って抱え込むしかなくなる
。個人情報の公開の危険性。また。公開している個人情報を収集され。迷惑メールや振り込め詐欺などの別の
犯罪に利用される可能性もあります。 そのような被害から身を守るためには。
何よりもインターネット上では。むやみに個人に関する情報を公開しないように
また。一度インターネット上に公開された情報が。コピーにより拡散していっ
た場合。それを完全に削除することは困難です。現実世界でのつきまといや。
取得された個人情報が他のサイトへの誹謗中傷などに利用される場合が
あります。

ネットではなぜ激しい争いが起こるか心理学総合案内こころの。ネットではなぜ激しい争いが起こるか掲示板荒らし。ネット上の非難中傷
楽しく運営されていた掲示板やチャットが。悪意のある「荒らし」や偶発的な
感情的衝突によって。激しい非難や人格攻撃個人的経験としては。面と向かっ
ては言われたことがないような言葉を受けることが。ネット上では珍しくない。
ネット上のトラブルは。ときには名誉毀損罪。侮辱罪など。法的問題に発展する
こともある。ネットで激しい表現を使う人みんなが。現実世界でも乱暴なわけ
ではない。

人と人との関わり方を学ぶのもこの世ですべき課題だと思ってる。それには体験して身にしみるしかない。学校や会社は体験する場としての役割を担っていると思う。しかし不登校やニートも増えて、人と接すること少ないケースも増えてきた。ネットでの関わりは、疑似体験として人との関わり方を学ぶ場なんだろうなと思ってる。知恵袋でニートや引きこもりが連投するのも、それなりに意味のある事じゃないかと思ってる。質問とはズレた回答だけど申し訳ない。いつでも法は後手に回るコトが先に起きるんだネット、インターネット、ウェブ、それらは決まってから提供されたりするんじゃなくて、使われながら整う、または崩壊するかもしれない未形だと思うつまり、想定されるものよりも先へとひとは飛びだすあるひとが知ってる使いかたにかぶせる使いかたをするやつが必ず現れる手燭の灯を吹き消されながら闇夜を歩くに似るそして、地つづきではないところにいきなり火の手が上がる秋葉原を例にあげてる質問が他にもあって思ったのですが、自分の意見や気持ちを相手に伝えることができない、他人に察してもらいたがる人が奇行に走るんじゃないですか。逆に伝えられた人が受け止められずにいじけてキレておかしくなるということもありますね。いい大人だというのにストレスに嫌味や嫌がらせでしか対応できないという情けない現状。だから匿名になったときに、小さい子どもがするような対人関係ケンカの練習をし直すことになっている、ように私には見える。同じ事をすると思いますが???そだよん?ヽ^○^ノ

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です