デキる翻訳者は ます自分で調べて翻訳の分野での申送り事項

Posted by lkjydkg on 2021年3月18日 in IT

デキる翻訳者は ます自分で調べて翻訳の分野での申送り事項。申し送り事項とは「前の人が後の人に引き継ぎたい?伝えておきたい情報」です。翻訳で言う「申送り事項」でょうか

現在英日のトライアル受けているの、申送り事項の欄どんな事記入すればよいのか分かりません インターネットの範囲内であり ます自分で調べて、翻訳の分野での「申送り事項」の定義や解説見当たらなかったため、場で解答者様のご意見仰ぎたく存じます 主以下の2点お答えいただけないでょうか

①内容ついて
ようなこ記入すればいいのでょうか 翻訳内容関ての相談たいこ?不明点や、なぜような訳たかの説明すればよいのでょうか

②量ついて
申送り事項書いてあった方良い印象持たれる聞き 際文量問題なるのでょうか

他ご意見ありらぜひお聞かせ願 以上、読んでいただきありうござ 「判断を仰ぐ」の英語?英語例文?英語表現。「判断を仰ぐ」は英語でどう表現する?英訳 – 万語
以上収録!英訳?英文?英単語の使い分けなら英和?和英辞書

翻訳業界の「申し送り」について。一般的な翻訳業の申し送りとは何か。なぜ重要か。そしてその範囲はどこまで
及ぶのかを簡単にご説明します。この記事で説明する申し送りは一般的なもの
であり。 もしかしたら翻訳会社や顧客によってその定義は異なるかもしれません
。リサーチや知識を使っても確認の取れなかった原文の意味; 原文の間違い
タイポや明らかに意味がおかしいものなど; 翻訳物のレイアウトの上記の
ような翻訳の品質に関して問題があれば報告したほうがいいわけです。翻訳会社への「フィードバック」。こう訳してほしい」「この用語を使用してほしい」など。翻訳会社に要望を
伝えるコツをご紹介します。翻訳会社は。翻訳物の納品時に申し送り事項や
確認事項を添えるのが一般的です。発注者側の翻訳チェック後に行う修正依頼
時にそれらへの回答も返送するとよいでしょう。しかし。このような
フィードバック情報を翻訳会社に提供しておけば。発注者が気づかなかった類似
の修正点が見つかったり。次回以降のプロジェクトでの修正や内容に関する翻訳
会社

特許翻訳のコメント作成で注意していること。コメントの書き方や注意事項については。一番大切なのは「クライアントの要望
に沿ったもので対応する」というものです。その塩梅の調節も難しいのでは
ないかと思いますし。参考にして頂けるように。ここにまとめておきたいと思い
ます。ここでまとめる内容は。他の分野の翻訳の仕事をするときには。
必ずしも役に立たないかもしれませんので。その点はですので。厳密に言えば
。自分が対応している案件がパリルートなのか出願なのかで。コメントの
書き方も異なるデキる翻訳者は。「申し送り」は。不明点や懸念点を次の工程であるチェック担当者へ伝える重要
なアクションです。いったいどのような申し送りが適切なのでしょうか?長く
キャリアを重ねた翻訳者でも。原文の意図するところがわからなかったり。自分
の解釈に不安を抱いたりすることは必ずあります。そんなときは調べものを
するなどして。なんとか適切な訳文を作ろうとしますが。あの手この手を尽くし
ても訳文に不安が残るとき専門分野にも対応可能なんだろうか?

申し送り事項とは「前の人が後の人に引き継ぎたい?伝えておきたい情報」です。「翻訳で言う申し送り事項」という特別なものはないでしょう。この場合はあなたの訳文に添付するのですから、その訳文に関して翻訳会社に伝えておきたいことを書けばいいのです。何を書くかかはあなた次第ですが、訳文についての注釈?注意事項が考えられますね。文量もあなた次第ですが、多すぎない方がいいと思います。私も昔翻訳業をしていたことがあります。たまにはですが必要があると思って訳文についての注釈?注意事項を書いてお客さんに訳文を渡したことがあります。その翻訳会社に問い合わせれば済むことですね。まずはあなたが何に対して何の書類なのかを書かないと誰も回答できないと思う。>現在英日のトライアルを受けている??とあるけど、すでに受けているのなら申請書類でもなさそうだし??あなたが翻訳機で翻訳した英文そのものを載せた方が回答がつくと思う。

Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です